外部SEO対策に相互リンクってどうなの?

 

 

こんにちは!アフィリ飯です。

今日は外部SEO対策の相互リンクについてです。

今から5年位前までは相互リンクって強烈に効きました。

アフィリ飯も相互リンクはやりまくりました。

相互リンクをしてくれる相手を探しまくって約4000の相互リンクを完了した時は「カードローン」で4位まであがった実績があります。

その後は無残に圏外へ・・・ですが。

 

現在の相互リンク

ちまたでは今は相互リンクはブラックだとか上がらない・・・という口コミが非常に多いです。

 

アフィリ飯の見解は?というと

そんなことはない という見解です。

こういうと反対意見がすぐにきそうですが・・・

 

 

最近アフィリエイトをはじめた人もおられると思うのでどんなやり方なのかをご紹介しておきますね。

昔はサイトにリンク集というカテゴリを作成してリンクを貼りあうという手法が流行りました。

その名のとおり外部リンクだけが貼ってあるだけのページなので何のコンテンツもありません。

でも、それでも実際に効果があったんですね。

リンクの質より量だった時代なわけです。

 

現在では、同じことをやるとペンギンというグーグルのリンクペナルティを受けてしまうリスクが高いので、やっている人は激減しています。

まあ、動物で例えると絶滅危惧種でしょう!

 

 

グーグル検索基礎講座で相互リンクの質問をした話

 

ちょっと昔の2015年の6月に行われたアフィリエイターのためのグーグル検索基礎講座というのが大阪の梅田でありました。

こういうセミナーって関東で行われるのがほとんどですが、開催地が大阪ということで軽い気持ちで行ってきました。

 

そこで、

グーグルのサーチクオリティチームの金谷さんに相互リンクのことについて質問を投げてみました。

当時は、なぜかアフィリエイターというのが恥ずかしくて旅館を経営しておりますとウソをついて質問してしまいました。(笑)

 

簡単におおまかな話の流れはこうです

 

アフィリ飯

小さい旅館を経営しております。

また、旅館の近くにきれいな池があるのでそこで同時に貸しボード屋もやっております。

「旅館のサイトと貸しボートのサイトが2つあるのですが、リンクしあって紹介してもいいですか?」

というような質問をしました。

 

グーグルの金谷さんの答え

まずは旅館のサイトの中に貸しボード屋のコンテンツを追加すればよいというお答えでしたが、ドメインをどうしても分けたい場合は、リンクしあっても何の問題も無いというお答えでした。

 

まあ、普通に考えてみたわけですね・・・

 

旅館サイトから見ると、
旅館を経営して貸しボード屋もやってます。→貸しボート屋サイトへの紹介リンク

 

貸しボード屋サイトから見ると、
大自然の中で泊まることもできます。→旅館サイトへ紹介のリンク

何がおかしいの?というわけですね。

何の問題もないわけで、普通というかあたりまえのことですよね。

普通の事なのに、アフィリエイターならではの相互リンクは危険だという根拠のない知識だったわけです。

 

それで、アフィリ飯はなるほど・・・と納得できました。

 

しかし!
この話を聞いて安心して相互リンクをやりまくるというのは早計だと思ってます。

 

例えば、美容系のサイトと建築のサイトと相互リンクしてもあるのはペンギンのリスクだけです。

美容系のサイトと相互リンクするなら、お肌の関係するようなコンテンツ、例えば「お肌が若返るような栄養素・食べ物」という内容のサイトとの相互リンクなら大丈夫ということです。

また、相互リンク先のサイトを自分で作るならそれなりのボリュームのある中身のあるコンテンツサイトに仕上げないといけません。

正直ペラページのサイトとの相互リンクだとグーグルからリンクを踏ませるだけのブリッジページと思われても仕方ないからです。

なので、私は相互リンク先のサイトは少なくとも20~30ページ程度のコンテンツサイトに仕上げております。(内容はがっつり書いているつもりです)

 

相互リンクの自己ルール

無意味なリンク集は作らずに、コンテンツの中でリンクする。

また、関連性があればいくら大丈夫とは言ってもやり過ぎは禁物だと思っています。

よって、アフィリ飯的には相互リンクは2つまでに制限するという自己ルールを作って今でも厳守しています。

 

このやり方を採用してから3年程経過してますが、今のところペンギンのペナルティは受けてませんし、検索順位を上がることも多いです。(100%ではないですが・・・)

●相互リンクサイトを作るときはもちろん中古ドメインを使っています。

 

参考になった!と思って頂けたならポチ!っと押して下さい!

更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

SNSでもご購読できます。