前もって効果がある中古ドメインの判別方法

このページでは、アフィリ飯が実際におこなっている

中古ドメインの良し悪しがわかる判定方法を紹介したいと思います。

特に中古ドメインの経費を抑えたい人向けのコンテンツです。

中古ドメインは自分で探して購入する分にはお金は1000円程度で済みますが、中古ドメイン屋さん等のドメイン業者から買うとかなりのお金がかかってしまうのが痛いところです。

 

というアフィリ飯も昔は中古ドメインにはかなり投資していましたが、すべてが良いドメインだったというわけではなく、ほとんど効果がないというハズレドメインも結構多いのが中古ドメインの実情なのです。

詳しく計算したわけではありませんが、最盛期には月に20~30万円は使っていたと記憶しています。

 

(ウルトラアフィリエイターさんになると月100万円以上です。)

 

しかし、ロリポップの中古ドメインなら、良いドメインのみを購入できるのでかなり経費が削減できると思うので紹介したいと思いますので参考にしてください。

 

特にアフィリエイトの初心者や月の報酬が10万円未満の方には強力な助けになる手法だと思ってます。

 

ロリポップの中古ドメインは初心者向けでわかりやすい

 

1、まずロリポップの中古ドメインを探してとります。

自分で探せない方はひとり、期限切れのロリポップ中古ドメインの候補50個をドメイン程度無料でプレゼントします。

各自でドメインパワーをチェックしてみてよければ取得して下さい。

 

2、その中古ドメインを使ってサイトを簡単なサイトを作成してアップロードします。

3、簡単なSEOを施して、検索順位ツールGRCに登録して順位を測定します。

 

ロリポップの中古ドメインは10日間無料でドメインを試すことができます。

結局、この10日間を使ってドメインパワーを調べることができるわけですね。

もし、いまいちと感じたらお金を払わなかったらそれで終了でいいわけです。

 

もし、なかなかいける感じ・・・♪と感じたらお金を払えば良いです。

優秀な中古ドメインの場合は、サイトがキャッシュ後にかなりの順位が最初からつきます。

普通の独自ドメインでの中古ドメインを購入した場合は、仮にはずれだったとしても返金してもらえるわけがありません。

これが1つ5万円、10万円もする高額中古ドメインがはずれだった場合の悲壮感は並ではないです。

ロリポップの中古ドメインは良かったと思えるドメインだけお金を払えばよいわけなので経費的にも効率的だと言えます。

 

良い中古ドメインの例

それではアフィリ飯が作ったサイトの最近の例をご紹介します

 

ドメインを取ったのが、2017年9月1日です。

9/3にキャッシュされたら20位を記録

そして、キャッシュされた日から17日で5位にランクインしております。

その間は特に何もしておりません。

新規ドメインを使った場合は、17日間で5位というのは経験がありません。

 

もちろん、これは良かった例をご紹介しているので順位が上昇しておりますが、悪い中古ドメインの場合はキャッシュされても順位がつかない場合がほとんどです。

 

ロリポップの中古ドメインの料金

初期手数料が1500円
月々の使用料が100円となっております。

 

 

 

GRC公式サイト

アフィリ飯の場合、サイトへのアクセスはスマホが約7割、パソコンからが約3割という割合です。

あとはタブレットとかもありますが、それはかなり少数派です。

このスマホとPC割合についてですが、サイトのジャンルによってかなり変わります。

スマホ7:パソコン3というのはあくまでもアフィリ飯の場合で、知り合いのアフィリエイターさんの話ではスマホ9:パソコン1と言ってました。

アフィリ飯の場合は、検索順位はGRCというツールを使って測定しています。

残念ながらGRCもスマホ版&パソコン版と種類が分かれており、それぞれに料金が発生しますのでアフィリ飯はスマホ版だけ契約しています。

 

一度使ったら手放せない 検索順位ツールGRC

 

SNSでもご購読できます。