アフィリエイトに向いている人の5条件とは?

アフィリエイトに向いている人の5条件とは?

このことについてアフィリ飯独自の意見を述べるページです!


アフィリエイト歴12年。
アフィリエイトで生活費を稼いで、最近はアフィリで稼いだ資金をもとに大家業を始めたアフィリ飯が語ります。

アフィリエイトに向いている人

アフィリを始めてから12年も続けていると、アフィリエイトビジネスに向いている人の特徴がわかるようになりました。

初めて話す方でも「この人は将来稼ぐだろうなぁ」とか、「この人は厳しそう・・・」など

ある程度イメージできるようになりました。

このページでは、アフィリエイトに向いている人、向いていない人の特徴について述べたいと思います。

重要度の高い順に並べています。

1、忍耐力・継続力がある人(一番重要)
キーワード・参入ジャンルによって変わってきますが、サイトを作成スタートしてから初報酬まで早くて3か月、平均して4~5か月かかるのが普通だから。

→すぐに諦める人が多すぎるから。

2、取り組む時間的余裕がある人
特に副業で取り組む方は最低でも平日は2時間、休日はがっつりやるくらいの作業時間が欲しい。
1日たった30分で月50万円!みたいな人も皆無というわけではありませんが、詐欺商材か、一部の天才肌の人のみ可能という場合が多い。

→よって、忙しすぎるサラリーマン等は厳しいのでは?と感じてしまいます。

3、ある程度の突っ込める軍資金がある人(20万~30万円ほど)

→アフィリエイトも立派なビジネス!
軍資金の乏しすぎる人は正直厳しい勝負になり不利です。
(10万円も出せないという方はちょっと厳しいでしょう)

4、仕事(パソコン作業)すること自体は嫌いではない

→パソコンでの作業が苦痛な方は厳しいです。

上記の4つは最低条件で、すべてが揃ってないと厳しいです。

その他

あと意外と思われるかも知れないのが、社会不適合者もアフィリエイトに向いているんじゃないかなと感じます。

というのも、元ニートや自称社会不適合者と言われ、社会から脱落したと言われている人たちがアフィリエイトでものすごい結果を残しているケースを見ているからです。

その理由を考えてみると、会社の人間関係が苦手なだけで会社勤めが長く続かない、または辞めてしまったが、仕事をこなすポテンシャルは案外高いという可能性です。

実は、サイト管理人のアフィリ飯も会社内の人間関係、主に上司から受けるパワハラには大変苦労しました。

こういう人も実はアフィリエイト向きで、煩わしい人間関係がないとわかると水を得た魚のように頑張る傾向があります。

アフィリエイト野郎で有名なパシさん、さよならダメ人間の運営者damebitoさんも自ら社会不適合者だったとおっしゃっており、両者ともものすごく稼いで立派なマンションに住まわれています。

アフィリエイト野郎
さよならダメ人間

※ もちろん仕事をする事が嫌い、働くのが嫌いで遊ぶことが大好きという人は論外になります。

アフィリエイトに向いていない人


アフィリエイトに向いていない人に関するコンテンツは別ページでご紹介しています。

アフィリエイト 失敗する人はこちら!

参考になった!と思って頂けたならポチ!っと押して下さい!

更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

SNSでもご購読できます。