このページではアフィリ飯が実際に行っているSEO対策についてご紹介します。

最近の風潮でグーグルがコンテンツ重視しているのでコンテンツさえしっかりしていればノーリンクで上がるという流行があるようですが、私もさんざん研究した結果

ノーリンクでは検索順位はさほど上がらないという認識を得ました。

たしかに、最近のグーグルは昔と比べるとコンテンツ重視になってはきているのですが、上位表示にはやはりリンクの力が必要なのです。

一生懸命に作った素晴らしいコンテンツのつもりになのに、リンクが1本もないというのはグーグルから見るとそれは平凡なコンテンツなんだろうと解釈されるんだろうと思ってます。

 

アフィリ飯が考える上位表示の必須条件とは

1.ドメイン・ページ単位でのアクセス数
2.運営期間の長さ(長い方が良い)
3.被リンクの数
4.見られている時間の長さ(滞在時間)

 

おおざっぱに言ってこの4つです。

この4つがすべて揃うと高い確率で上位表示されます。

 

アフィリ飯が運営しているサイトで上位表示されているサイトは上記の4つの条件をすべてクリアしています。

上位表示されない場合は、どれかの項目がライバルサイトに負けているわけです。

アフィリ飯の場合ですが、ペラサイト~小規模サイトがメインに作っていますが、

大型サイトとは言っても約200ページのサイトがひとつ

約150ページのサイトをひとつ運営しております。

 

 

大型サイトのSEO対策

大型サイトのSEOに関しては自作自演のSEOはゼロではないもののあまりしません。

基本的にホワイトハットSEOになります。

 

その理由としては、製作時間もかかってますので、ペンギンのリンクペナルティも受けたくないですし、

長期間サイト運営すると、その間に何かしらのナチュラルリンクがついてくるのがこれまでのサイト運営の経験からわかっているからです。

よって、リスクのある自作自演リンクはあまりしたくないというのが本音です。

 

(アフィリ飯の運営サイトでもある200ページのサイトは運用歴約2年で20本のナチュラルリンクがついています。)

 

 

そこで、知り合いのアフィリエイターさんが、大型のサイトを作ってもう一年にもなるんだけど、ナチュラルリンクなんて1本もつかないんだけど!!

とお怒りのアフィリエイターさんもたまにみかけます。

 

そこで、そのサイトを見せてもらいますと・・・・

ちょっとサイトの中身というかコンテンツ内容がいまいちというかしょぼいのです。

これでは、他サイトからちょっとリンクを貼られることは厳しいのではないかなと感じました。

 

また、サイトの中身に関してもそうです。

アフィリエイトサイトというとキャッシング・カードローンが激戦ジャンルですが、このジャンルで一生懸命サイトを作ってもナチュラルリンクをもらえることは少ないです。

よって、サイトのジャンルによってもナチュラルリンクをもらいやすい、もらいにくいという格差があるということを知っておいて欲しいです。

 

 

ペラサイト~小規模サイトのSEO

まず、ペラサイトに関するSEOですが、もちろん、1ページものサイトになります。

基本的にアフィリエイトサイトってナチュラルリンクってもらいにくい性質があるんですね。

その上にページ数は1ページだけ。

そのページだけで勝負しなければなりません。

 

ペラページで検索順位を上げていくには、ナチュラルリンクは期待薄ですので、これはブラックSEO、つまり、自作自演のリンクを貼るしか方法がありません。

 

小規模サイトも同様です。

アフィリ飯の場合は、小規模サイトというのは、10~30ページ規模のサイトの事を言っています。

30ページくらいの規模になるとたまにナチュラルリンクをもらえる事もありますが、10ページくらいのサイトでは

ナチュラルリンクを貰えることは少ないというかまれです。

 

 

よって、小規模サイトも基本的にはブラックSEOになります。

ペンギンが怖いからと言う理由で自作自演リンクを貼らない人がいますが、それでは競合ワードではほぼ上がりません。

自作自演リンクが嫌な人はナチュラルリンクがもらえるように頑張るしかないわけですが、ナチュラルリンクがもらえないようなコンテンツ内容では

結果としてナチュラルリンクはもらえないでしょうし、上位表示される可能性も低いです。

 

 

アフィリ飯のSEOはシンプル

基本的には、サテライトサイト(バックリンクサイト)を作ってターゲットサイトへリンクを飛ばすわけです。

その時に使うドメインは中古ドメインを使用しています。

yasuは、今までは中古ドメイン屋さんというサイトで購入していたのですが、正直いって超高いんですね。

また、中古ドメインは当たりはずれが多いのも特徴です。

1個1万円というのは当たり前で、5万円以上のドメインというのもザラです。

超金持ちのウルトラアフィリエイターさんは、1個5~10万円もする中古ドメインをバンバン買っていきます。

ここらへんでも経済格差がもろにでてしまうんですね。

 

実際アフィリ飯も苦しいながらも1個1~3万円くらいの中古ドメインを買っていました。

効果を感じた優秀ドメインもありましたし、ほとんど効果のない失敗ドメインもかなりありました。

 

でも、これって購入して使ってみないと前もってはわからないものなんですね。

3万円ほどの高い中古ドメインを買って何の効果もなかった時は空しいものです。

 

そこでもう少し割安で中古ドメインを使えないかと考えました。

自分で中古ドメインを見つける研究を始めて、今ではそこそこ使える中古ドメインを見つける方法を発見しました。

 

よって、今では中古ドメインはたったの1000円前後で購入することができています。

(jpドメインは3000円)

 

そこで、まだ資金を満足に使えない初心者アフィリエイターさん向け、月の売り上げが50万円未満のアフィリエイターさん向けに

中古ドメイン情報を1個1000円で販売したいと思います。

 

中古ドメインのスペックに関してですが

 

MOZを使用しています。

ドメインのオーソリティが10~14

ページオーソリティが10以上

ルートドメイン 2以上

 

比較的簡単なキーワードレベルで狙いたい場合

 

 

 

中古ドメイン情報 1個2000円

ドメインオーソリティが15~19

ページオーソリティが10以上

ちょっと難しいレベルのミドルワードで上げたい場合はこれです。

 

 

ノーフォローリンクは目視して確認しております。
ブラックドメインもツールにてチェック

 

今まで中古ドメインが高すぎて積極的に買えなかったというアフィリエイターさんに利用してほしいと思っています。

中古ドメインのコスパについてはこちら