SEO

中古ドメインの使い方とコスパについて

中古ドメインの使い方とコスパについて

できるだけ早く上位表示させたい場合について

(この場合、狙うキーワードのレベルを落とすというのは除外で書いていきたいと思います。)

 

例えば、キャッシング即日のような激戦ワードで勝負する場合です。

特に、キャッシング関連の場合は、サイトの内容・中身については他のサイトとの差別化がなかなか難しいジャンルです。

こういうジャンルの場合、もちろんコンテンツも重要なんですが、外部SEO対策に頼る割合が高くなると感じております。

(かなりの昔ですが、キャッシング即日で2位まで上げた実績があり、月の収益は約60~70万円前後だったと記憶しています。)

できるだけ早く上位表示させたい場合は、強力な中古ドメインを使ってサテライトサイトを保有するのが一番早いです。

中古ドメインのパワーというのもはっきり言って取ってみて、記事を入れてリンクを貼ってみないとわからないというのが正直なところなんですが、

強力なドメインというのもアフィリ飯的な基準がありますのでご紹介したいと思います。

 

ドメインの強さのイメージ

私は、MOSというサイトのドメインオーソリティというドメインの強さを測定する数字を参考にしています。

アフィリ飯的に強いドメインというのはドメインオーソリティが30以上としていて、バックリンク数もそれなりについているというのが鉄則です。

しかし、ドメインオーソリティが30以上の中古ドメインって普通に探してもなかなか落ちていません。

よって、時間短縮のためにアフィリ飯は買っているわけですが、中古ドメイン専門ショップで買うと滅茶苦茶高いんです。

そこで、中古ドメイン屋さんでのドメイン価格をチェックしてみるとオーソリティ30レベルクラスのドメインは最低でも5万円以上はしますね。

 

 

強い中古ドメインのメリット&デメリット

 

強い中古ドメインのメリット

早く上位表示が可能になる

少ないサテライト数で上位表示できるのでサテライトサイト作成の時間&手間が大幅に短縮できる。

おそらくグーグルのペンギンペナルティを受けるリスクが下がると思っています。
(被リンク数が少なくなるため)

 

強い中古ドメインを使うデメリット

中古ドメイン価格が高すぎる
狙ったキーワードで仮に1位を取ったとしても月2~3万円の収益では採算がまったく合わない。
それなりに収益のあがるレッドオーシャンでのキーワードでの戦いになってしまう。
時間が経過するとドメインオーソリティが大幅に下がってしまう場合がある。(アフィリ飯の場合は約4割くらいか)

 

弱い中古ドメインのメリット&デメリット

 

弱い中古ドメインのデメリット
上位表示させるために、使うドメインの数が確実に増えるのでペンギンのリスクが増大する
サテライトサイト作成のコストがかなり上がる。
サテライトサイト作成の手間・時間もかかる
上位表示まで時間がかなりかかる。

 

弱い中古ドメインを使うメリット

とにかくドメイン代が安い
SEOのコストが安いので低収益の広告案件でもプラス収益が狙える。

 

 

アフィリ飯の実際の例

狙っているキーワードはちょっと明かせませんが、似たようなキーワードレベルでの比較をご紹介します。

 

 サイトA
ドメインオーソリティが10~19の中古ドメインを使用の場合

サテライトサイトが15個で最高で8位

8位に到達するまでの期間:13カ月

中古ドメイン取得費 約2万円

 

現在も上位表示中

8~10位あたりをうろうろ・・・

月の報酬額 3~4万円

 

 

 サイトB
ドメインオーソリティが35~50の中古ドメインを使用している場合

サテライトサイトが4個で最高5位

5位までに到達するまでの期間:約3か月

中古ドメイン取得費 約30万円

現在も上位表示中

5~7位をうろうろ・・・・

月の報酬額4~5万円

 

 

まあ当然の結果と言えば当然なんですが、特に上位表示までの期間に注目してください。

約1年と約3カ月、4倍も速く上位表示に成功しています。

なので、少しでも上位表示させたいなら、強めのドメイン(ドメインオーソリティ40以上)を1つでも良いので使ってみることですね。

 

中古ドメインのコスパ

後は、費用対効果の事も考えなければなりません。

上記の2サイトはうまく1枚目に表示されるようになりましたが、いつも100%上位表示できるわけではないです。

当然失敗のケースもありますが、上記の2サイトに関しての費用対効果を見てみます。

サイトAに関しては14カ月目から報酬が発生したので13カ月目までの報酬&経費に注目してみます。

 

 

13カ月目迄の売り上げ&経費

サイトA
中古ドメイン代 約2万円
サテライトサイト作成 外注費 約2万円

報酬額 0円

利益額 ー4万円

 

サイトB
中古ドメイン代 約30万円
サテライトサイト作成 外注費 ゼロ

 

総報酬額 約45万円

利益額 +15万円

 

サイトAとサイトBの利益額の差 19万円

 

 

サイトBの方がかなり経費がかかっており、収益的には不利のように見えますが、最終的にはサイトAよりもサイトBの方が利益になっていることがわかります。

 

 

つまり、ある程度アフィリエイトを経験して上位表示が狙えそうだと判断したのであれば、多少お金をかけてでも上位表示を狙った方が最終的には利益になりやすいということが

わかると思います。

 

ブログからのリンク

また、ブログからのリンクはアフィリ飯はほとんど使用していません。

その理由は単純で上がらないからです。

運用歴の長いパワーブログからのリンクは効果はありますが、新規ブログからのリンクの力って本当に微妙です。

よって数が必要となって、多くのブログを開設する手間&時間が要ることになります。

しかも、多くのブログからのリンクってグーグルのペンギンの餌食になりやすいです。

唯一のメリットは無料ということくらいでしょうか・・・・

そういった理由でブログリンクは避けています。

IP分散するために1ブログからリンクというのはありですよ。

 

参考になった!と思って頂けたならポチ!っと押して下さい!

更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

外部SEOのIP分散について

こんばんはアフィリ飯です。

 

今日は外部対策のSEOをかける時のIP分散についてのお話です。

 

昔のIP分散

今から5年前くらいまではIP分散は必須条件でした。

よって、多くのサテライトサイトからリンクを送る時はIP分散サーバーとの契約が必要でした。

さまざまなサーバー会社とひとつづつ契約するのはかなり面倒だったために、ひとつの会社でIPが分散されているサーバー会社と契約していました。

具体的に言うと123サーバーやABCサーバーですね。

 

現在のIP分散

現在のアフィリ飯のIP分散に関する考えはIP分散はほとんどしていない、または考えていないという状態です。

よって、現在IP分散サーバーは不要という結論に達しています。

 

例えば、ブログを例にとってご説明します。

現在の各ブログのシェアはどれくらいかご存知でしょうか?

 

おおざっぱな数字なんですが、シェア1位はアメブロで約7割という圧倒的な状態で、ライブドアが1割、シーサーブログが1割・・・と続きます。

よって、10ブログ中に使われているブログの種類はたった3種類程度しかないということです。

なので、10ブログからリンクを貼るのであれば、IPの種類は3IPで良いのです!

それがデータ的に言えば自然でナチュラルな状態になり、逆に言うと10ブログのIPの種類が10個に完全に分かれている状態は不自然な状態だとも言えます。

 

サーバー会社

また、サーバー会社に関してですが、国内のサーバー会社も数多いのですが、アメブロのように7割のシェアを取っているようなサーバー会社はありませんが、Xサーバーやヘテムルサーバーなど安くて使い勝手の良いサーバー会社に人気が偏っている感じがあります。

よって、アフィリ飯はIP分散は重要視しなくても良いと考えており、実際にグーグルからのペナルティを受けたこともなく、上位表示ができないと言ったこともないので、さらにIP分散を加速させることも考えておりません。

 

アフィリ飯が実際に契約しているサーバー会社をご紹介しておきます。

  1. Xサーバー(月1,000円)
  2. ヘテムルサーバー(月1,500円)
  3. ラクサバ(月400円)
  4. ミニム(月300円)

現状はこれでまったく問題は起きてないのですが、心配症の方はあと1~2つくらいIPを取得すればほぼ問題なしになると思いますね。

 

もし、アフィリ飯が仮にIP分散のためにサーバー会社を追加するならば・・・

ミニバードサーバー(月250円)
エクストリムサーバー(月200円)

あたりを選ぶと思います。(格安サーバーだからです。)

 

 

 

参考になった!と思って頂けたならポチ!っと押して下さい!

更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

ホワイトハットに見せかけるブラックSEO

嫌なことにペンギンアップデートがリアルタイムで実施されるようになってしまいましたね。

そこで、ペンギン対策の為に自作自演のブラックSEOではなくてどうやってナチュラルリンクをもらうのかを真剣に考えているアフィリエイターさんも多いはずだと思います。

理想を言うと品質の高いコンテンツをアップしてナチュラルリンクをゲットしていく・・・と言ったサイト運営が最高なんですが、作っているサイトのジャンルによってはなかなかナチュラルリンクがゲットできないというのが現実です。

そこで、このページではアフィリ飯が実際にやっているホワイトハットに見えるような被リンクのもらい方についてご紹介します。

 

このホワイト風SEOのやり方についてはある程度ページ数のある(100ページ以上)ボリュームのある稼げるサイトのみに限定しています。

ある程度お金がかかるので20~30ページ程度の小型サイトにこのやり方を応用するととてもじゃないですが、採算があいませんので・・・。

また、ホワイトハットでビッグワード&ミドルワードを攻める場合はこのようなリンクが必要で、ナチュラルリンクのみで上位表示するのは無理とまでは断言できませんが、非常に難しいと思います。

 

イラスト編

アフィリ飯は、プロのイラストレーターさんに画像を描いてもらうケースがよくあります。

そこで、イラストレーターさんのサイトから「このサイトのこの部分の画像は私が描きました」・・・という風にリンクを貰います。

1サイトについて1~2本もらう程度なら今のところ大丈夫です。

このように紹介すると必ずやりまくるアフィリエイターさんがいます(笑)が、やり過ぎは大変リスキーです。

やり過ぎはペナルティを受ける可能性がグッと高まるので十分気をつけて実施して下さい。

非常に地味ですが効果ありです。

 

サイト制作会社からのリンク

アフィリ飯の場合、サイト作成時間を大幅に短縮させるためにサイト作成会社にサイト作成をまるごと外注する時があります。

そして、そのサイト作成会社からサイト作成のモデルとして紹介されてリンクしてもらっています。

 

この方法も賛否両論だと思います。
この方法もやり過ぎるとおそらくペナルティを受けると思います。

 

 

参考になった!と思って頂けたならポチ!っと押して下さい!

更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

内部SEO コンテンツの文字数はどれくらい書けば良いの?

こんちは、アフィリ飯です。

コンテンツSEOと呼ばれるこのご時世ですが、このページではサイト(新規ページ)を作る時にどれくらいのボリューム(文字数)のコンテンツを書けば上位表示されやすいのか?について書いていきます。

初心者の方はとても興味がある内容だと思います。

SEOに100%はあり得ませんが、アフィリ飯なりの見解をご紹介していきます。

アフィリ飯がアフィリエイトを始めた10年前頃は、都市伝説的な感じで600文字前後書けばよしとされていたのですが、事実、600~800文字もあれば上位表示できていました。

 

でも、現在は全く違ってきています。

 

現在のアフィリ飯の認識は・・・

  • ドメインの強さと文字数の多さのバランス
  • ライバルサイトとの比較

だと思っています。

 

 

ドメインの強弱がミソ

ドメインが強ければコンテンツ量は少なめでもOKだが、新規ドメイン等ドメインパワーがまったくない状態であれば、ある程度以上のコンテンツ量が要るということですね。

後はライバルサイトとの力関係になります。

例えば、上位表示しているライバルサイトは運営歴も古くて3000文字もあるのにあなたのサイト(ページ)は新規ドメインで1500~2000文字程度。

この場合は、よっぽどのことがない限りライバルサイトを超えていくことは難しいと思います。

このケースの場合は、上位表示しているサイトよりも多い3500文字程度、なおかつライバルサイトにはない新しいコンテンツの導入等が必要。

そういう風に考えてますね。

 

また、ドメインが育ってある程度強くなってきた場合に投入している文字数は1000~1500文字です。
これくらいの文字数でも十分上ってきます。

逆に言えば、文字数を抑えて上位表示したいのであればドメインを強くするしかありません。

 

コンテンツの文字数を増やすと上位表示できる?

一般的にはコンテンツの量が増えると一般的にSEO的にも良い傾向が見られます。

この話をすると、そうか!

「ライバルサイトよりも文字数が多ければいいんだな」と解釈したのか、しょーもない記事を長々と書き連ねてボリュームを出して、あがらん!と怒っている人がいます。

それでは全く駄目です、内部SEO的にもほとんど意味がありません。

しかし、真面目なコンテンツ、関連したコンテンツを深堀りしていくと自然と文字数は増えていくはずですし、その結果約80~90%くらいの確率で検索順位は上がります。

 

コンテンツを増やすと成約率が下がる?

ただ、文字数を一気に増やすと弊害もあるように感じていて、コンテンツの量が、3000文字あたりを超えてくると、ユーザーのページからの離脱率もグンと増えてくるのです

なので、よほどユーザーに刺さるようなコンテンツ、飽きさせないような工夫が必要となると思います。

ただ長いだけの文章では肝心のコンバージョンにつながらないと痛感します。

 

  • 上位表示にはコンテンツ量が必要
  • しかし、コンバージョン率(CV)を上げるにはコンテンツ量は長すぎない方がベター。

 

ここらへんのさじ加減というかバランスが難しいところです。
上位表示に成功してもモノが売れなければ全く意味ないですから・・・

 

 

ページ数を増やすと上位表示できますか?

また文字数ではなくページ数(記事数)と上位表示の関係についてですが、アフィリ飯の見解としてはページ数の増加はSEO効果があると実感しています。

というのも、ある程度のライバルサイトがいる状態であればペラサイトってあまり見かけないんですね。

(決してペラサイト(1ページサイト)が駄目と言っているわけではありません)

そして、たまに上位表示しているペラサイトの文字数を数えてみると約5万文字、内容も結構凄かったりするんですね。

こうなると、もうペラサイトの域を完全に超えていると感じますが・・・(汗)。

 

またページ数についても文字数と同様に薄いコンテンツのページを量産してもほぼ意味がなく、場合によってはペナルティの原因にもなります。

よって、アフィリ飯の場合は、薄いコンテンツのページをアップするくらいならいっそやらないという風に自分ルールで決めています。

ペラサイトでも稼げますか? について次のページで詳しく解説しています! アフィリエイト ペラサイト

薄いコンテンツとは?

薄いコンテンツってちょっと意味が分からないという人に・・・

これはアフィリ飯が運営しているサイトのサーチコンソール表示画面です。

/news/ というページに関しての情報なんですが、

 

月間のデータになるのですが

クリック0
検索された回数が7回

という意味です。

このページに関して月にクリックされた回数がゼロ、

検索された回数は月にたったの7回という結果です。

 

こういう場合、アフィリ飯はクソページと呼んでいます。

検索されることもほとんどなく、クリックもされない存在意味のないページです。

こういうページは削除してますね。

※どうしても削除したくない記事がある場合は、他のページに書き加えてクソページ自体は削除しています。

 

 

ポチと押して頂けると更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

前もって効果がある中古ドメインの判別方法

このページでは、アフィリ飯が実際におこなっている

中古ドメインの良し悪しがわかる判定方法を紹介したいと思います。

特に中古ドメインの経費を抑えたい人向けのコンテンツです。

中古ドメインは自分で探して購入する分にはお金は1000円程度で済みますが、中古ドメイン屋さん等のドメイン業者から買うとかなりのお金がかかってしまうのが痛いところです。

 

というアフィリ飯も昔は中古ドメインにはかなり投資していましたが、すべてが良いドメインだったというわけではなく、ほとんど効果がないというハズレドメインも結構多いのが中古ドメインの実情なのです。

詳しく計算したわけではありませんが、最盛期には月に20~30万円は使っていたと記憶しています。

 

(ウルトラアフィリエイターさんになると月100万円以上です。)

 

しかし、ロリポップの中古ドメインなら、良いドメインのみを購入できるのでかなり経費が削減できると思うので紹介したいと思いますので参考にしてください。

 

特にアフィリエイトの初心者や月の報酬が10万円未満の方には強力な助けになる手法だと思ってます。

 

ロリポップの中古ドメインは初心者向けでわかりやすい

 

1、まずロリポップの中古ドメインを探してとります。

自分で探せない方はひとり、期限切れのロリポップ中古ドメインの候補50個をドメイン程度無料でプレゼントします。

各自でドメインパワーをチェックしてみてよければ取得して下さい。

 

2、その中古ドメインを使ってサイトを簡単なサイトを作成してアップロードします。

3、簡単なSEOを施して、検索順位ツールGRCに登録して順位を測定します。

 

ロリポップの中古ドメインは10日間無料でドメインを試すことができます。

結局、この10日間を使ってドメインパワーを調べることができるわけですね。

もし、いまいちと感じたらお金を払わなかったらそれで終了でいいわけです。

 

もし、なかなかいける感じ・・・♪と感じたらお金を払えば良いです。

優秀な中古ドメインの場合は、サイトがキャッシュ後にかなりの順位が最初からつきます。

普通の独自ドメインでの中古ドメインを購入した場合は、仮にはずれだったとしても返金してもらえるわけがありません。

これが1つ5万円、10万円もする高額中古ドメインがはずれだった場合の悲壮感は並ではないです。

ロリポップの中古ドメインは良かったと思えるドメインだけお金を払えばよいわけなので経費的にも効率的だと言えます。

 

良い中古ドメインの例

それではアフィリ飯が作ったサイトの最近の例をご紹介します

 

ドメインを取ったのが、2017年9月1日です。

9/3にキャッシュされたら20位を記録

そして、キャッシュされた日から17日で5位にランクインしております。

その間は特に何もしておりません。

新規ドメインを使った場合は、17日間で5位というのは経験がありません。

 

もちろん、これは良かった例をご紹介しているので順位が上昇しておりますが、悪い中古ドメインの場合はキャッシュされても順位がつかない場合がほとんどです。

 

ロリポップの中古ドメインの料金

初期手数料が1500円
月々の使用料が100円となっております。

 

 

 

GRC公式サイト

アフィリ飯の場合、サイトへのアクセスはスマホが約7割、パソコンからが約3割という割合です。

あとはタブレットとかもありますが、それはかなり少数派です。

このスマホとPC割合についてですが、サイトのジャンルによってかなり変わります。

スマホ7:パソコン3というのはあくまでもアフィリ飯の場合で、知り合いのアフィリエイターさんの話ではスマホ9:パソコン1と言ってました。

アフィリ飯の場合は、検索順位はGRCというツールを使って測定しています。

残念ながらGRCもスマホ版&パソコン版と種類が分かれており、それぞれに料金が発生しますのでアフィリ飯はスマホ版だけ契約しています。

 

一度使ったら手放せない 検索順位ツールGRC