SEO

内部SEO コンテンツの文字数はどれくらい書けば良いの?

こんちは、アフィリ飯です。

コンテンツSEOと呼ばれるこのご時世ですが、このページではサイト(新規ページ)を作る時にどれくらいのボリューム(文字数)のコンテンツを書けば上位表示されやすいのか?について書いていきます。

初心者の方はとても興味がある内容だと思います。

SEOに100%はあり得ませんが、アフィリ飯なりの見解をご紹介していきます。

アフィリ飯がアフィリエイトを始めた10年前頃は、都市伝説的な感じで600文字前後書けばよしとされていたのですが、事実、600~800文字もあれば上位表示できていました。

 

でも、現在は全く違ってきています。

 

現在のアフィリ飯の認識は・・・

  • ドメインの強さと文字数の多さのバランス
  • ライバルサイトとの比較

だと思っています。

 

 

ドメインの強弱がミソ

ドメインが強ければコンテンツ量は少なめでもOKだが、新規ドメイン等ドメインパワーがまったくない状態であれば、ある程度以上のコンテンツ量が要るということですね。

後はライバルサイトとの力関係になります。

例えば、上位表示しているライバルサイトは運営歴も古くて3000文字もあるのにあなたのサイト(ページ)は新規ドメインで1500~2000文字程度。

この場合は、よっぽどのことがない限りライバルサイトを超えていくことは難しいと思います。

このケースの場合は、上位表示しているサイトよりも多い3500文字程度、なおかつライバルサイトにはない新しいコンテンツの導入等が必要。

そういう風に考えてますね。

 

また、ドメインが育ってある程度強くなってきた場合に投入している文字数は1000~1500文字です。
これくらいの文字数でも十分上ってきます。

逆に言えば、文字数を抑えて上位表示したいのであればドメインを強くするしかありません。

 

コンテンツの文字数を増やすと上位表示できる?

一般的にはコンテンツの量が増えると一般的にSEO的にも良い傾向が見られます。

この話をすると、そうか!

「ライバルサイトよりも文字数が多ければいいんだな」と解釈したのか、しょーもない記事を長々と書き連ねてボリュームを出して、あがらん!と怒っている人がいます。

それでは全く駄目です、内部SEO的にもほとんど意味がありません。

しかし、真面目なコンテンツ、関連したコンテンツを深堀りしていくと自然と文字数は増えていくはずですし、その結果約80~90%くらいの確率で検索順位は上がります。

 

コンテンツを増やすと成約率が下がる?

ただ、文字数を一気に増やすと弊害もあるように感じていて、コンテンツの量が、3000文字あたりを超えてくると、ユーザーのページからの離脱率もグンと増えてくるのです

なので、よほどユーザーに刺さるようなコンテンツ、飽きさせないような工夫が必要となると思います。

ただ長いだけの文章では肝心のコンバージョンにつながらないと痛感します。

 

  • 上位表示にはコンテンツ量が必要
  • しかし、コンバージョン率(CV)を上げるにはコンテンツ量は長すぎない方がベター。

 

ここらへんのさじ加減というかバランスが難しいところです。
上位表示に成功してもモノが売れなければ全く意味ないですから・・・

 

 

ページ数を増やすと上位表示できますか?

また文字数ではなくページ数(記事数)と上位表示の関係についてですが、アフィリ飯の見解としてはページ数の増加はSEO効果があると実感しています。

というのも、ある程度のライバルサイトがいる状態であればペラサイトってあまり見かけないんですね。

(決してペラサイト(1ページサイト)が駄目と言っているわけではありません)

そして、たまに上位表示しているペラサイトの文字数を数えてみると約5万文字、内容も結構凄かったりするんですね。

こうなると、もうペラサイトの域を完全に超えていると感じますが・・・(汗)。

 

またページ数についても文字数と同様に薄いコンテンツのページを量産してもほぼ意味がなく、場合によってはペナルティの原因にもなります。

よって、アフィリ飯の場合は、薄いコンテンツのページをアップするくらいならいっそやらないという風に自分ルールで決めています。

ペラサイトでも稼げますか? について次のページで詳しく解説しています! アフィリエイト ペラサイト

薄いコンテンツとは?

薄いコンテンツってちょっと意味が分からないという人に・・・

これはアフィリ飯が運営しているサイトのサーチコンソール表示画面です。

/news/ というページに関しての情報なんですが、

 

月間のデータになるのですが

クリック0
検索された回数が7回

という意味です。

このページに関して月にクリックされた回数がゼロ、

検索された回数は月にたったの7回という結果です。

 

こういう場合、アフィリ飯はクソページと呼んでいます。

検索されることもほとんどなく、クリックもされない存在意味のないページです。

こういうページは削除してますね。

※どうしても削除したくない記事がある場合は、他のページに書き加えてクソページ自体は削除しています。

 

 

ポチと押して頂けると更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

前もって効果がある中古ドメインの判別方法

このページでは、アフィリ飯が実際におこなっている

中古ドメインの良し悪しがわかる判定方法を紹介したいと思います。

特に中古ドメインの経費を抑えたい人向けのコンテンツです。

中古ドメインは自分で探して購入する分にはお金は1000円程度で済みますが、中古ドメイン屋さん等のドメイン業者から買うとかなりのお金がかかってしまうのが痛いところです。

 

というアフィリ飯も昔は中古ドメインにはかなり投資していましたが、すべてが良いドメインだったというわけではなく、ほとんど効果がないというハズレドメインも結構多いのが中古ドメインの実情なのです。

詳しく計算したわけではありませんが、最盛期には月に20~30万円は使っていたと記憶しています。

 

(ウルトラアフィリエイターさんになると月100万円以上です。)

 

しかし、ロリポップの中古ドメインなら、良いドメインのみを購入できるのでかなり経費が削減できると思うので紹介したいと思いますので参考にしてください。

 

特にアフィリエイトの初心者や月の報酬が10万円未満の方には強力な助けになる手法だと思ってます。

 

ロリポップの中古ドメインは初心者向けでわかりやすい

 

1、まずロリポップの中古ドメインを探してとります。

自分で探せない方はひとり、期限切れのロリポップ中古ドメインの候補50個をドメイン程度無料でプレゼントします。

各自でドメインパワーをチェックしてみてよければ取得して下さい。

 

2、その中古ドメインを使ってサイトを簡単なサイトを作成してアップロードします。

3、簡単なSEOを施して、検索順位ツールGRCに登録して順位を測定します。

 

ロリポップの中古ドメインは10日間無料でドメインを試すことができます。

結局、この10日間を使ってドメインパワーを調べることができるわけですね。

もし、いまいちと感じたらお金を払わなかったらそれで終了でいいわけです。

 

もし、なかなかいける感じ・・・♪と感じたらお金を払えば良いです。

優秀な中古ドメインの場合は、サイトがキャッシュ後にかなりの順位が最初からつきます。

普通の独自ドメインでの中古ドメインを購入した場合は、仮にはずれだったとしても返金してもらえるわけがありません。

これが1つ5万円、10万円もする高額中古ドメインがはずれだった場合の悲壮感は並ではないです。

ロリポップの中古ドメインは良かったと思えるドメインだけお金を払えばよいわけなので経費的にも効率的だと言えます。

 

良い中古ドメインの例

それではアフィリ飯が作ったサイトの最近の例をご紹介します

 

ドメインを取ったのが、2017年9月1日です。

9/3にキャッシュされたら20位を記録

そして、キャッシュされた日から17日で5位にランクインしております。

その間は特に何もしておりません。

新規ドメインを使った場合は、17日間で5位というのは経験がありません。

 

もちろん、これは良かった例をご紹介しているので順位が上昇しておりますが、悪い中古ドメインの場合はキャッシュされても順位がつかない場合がほとんどです。

 

ロリポップの中古ドメインの料金

初期手数料が1500円
月々の使用料が100円となっております。

 

 

 

GRC公式サイト

アフィリ飯の場合、サイトへのアクセスはスマホが約7割、パソコンからが約3割という割合です。

あとはタブレットとかもありますが、それはかなり少数派です。

このスマホとPC割合についてですが、サイトのジャンルによってかなり変わります。

スマホ7:パソコン3というのはあくまでもアフィリ飯の場合で、知り合いのアフィリエイターさんの話ではスマホ9:パソコン1と言ってました。

アフィリ飯の場合は、検索順位はGRCというツールを使って測定しています。

残念ながらGRCもスマホ版&パソコン版と種類が分かれており、それぞれに料金が発生しますのでアフィリ飯はスマホ版だけ契約しています。

 

一度使ったら手放せない 検索順位ツールGRC

 

アフィリ飯のサテライトサイトの考え方&作り方

ブラックSEOを実施する

 

 

ホワイトハット以外で上位表示を狙うにはリンクをもらうのが必須条件になります。

 

果たしてノーリンクで上がるのか?

よく、ノーリンクで上位表示できると豪語する人がいますが、アフィリ飯的には、それはライバルが皆無か、競合するライバルの非常に少ない&弱いジャンル&キーワードだけの場合だと思います。

ミドルワードクラスでも完全なナチュラルリンクだけでも上位表示するのはかなり難しいと感じます。

よって、ある程度のアフィリエイターが参戦しているジャンル&キーワードの場合はリンクを1本ももらわずに上位表示することはかなり難しいと思います。

 

実際に実験してみた

アフィリ飯もノーリンクでどこまで上位表示できるのか、実際に1年間ほど試してみたチャレンジ期間があるのですがうまくいけば2枚目、3枚目あたりまではノーリンクで持ってくることができた例もあるのですが、さすがにグーグル1枚目まで持ってくることはできなかったです。

(その後、リンクを3本つけると最終的に1枚目まで上がりました・・・(汗))

よって、2017年9月現在ではリンクを貼ると上がると断言できます。

 

また、なるべくホワイトハットのように見せかけてグーグルの目視を回避する考えについてはブラックSEOサイトに関しては採用しておりません。

(ホワイトハット用サイト)

 

SEO業者ってどうなの?

リンクを売るSEO業者もいますね。

昔はリンクを買っていた時期もあるのですが、現在はやっておりません。

その理由は簡単です。グーグルから警告メールがきたからです。

ただ、例外もあって超短期的にその時だけ上がればOKというようなアフィリ案件の場合は、リンクを買う場合もありです。

例えば、アイフォン8や、冬の時期だけしか売れないカニ通販 等、その時だけあがればいいという割り切りサイトには使っても全然OKですが、真面目に作ったサイトには一切使いません。

 

 

アフィリ飯が行っているブラックSEO

アフィリ飯の場合は、基本的に1アフィリエイトサイトにつき、5つのサテライトサイトを強力な中古ドメインを取って作成しております。

アフィリ飯が取っている中古ドメイン

新しいアカウントを取ったニューブログはリンクパワーが弱く、無駄にリンク数が増えてペンギンのリスクが一気にアップしてしまうので基本的にはやりません。

中古ドメインオンリーです。(リンク5本以内での上位表示を狙っており、1のサテライトサイトにつき1本の発リンクが基本。)

 

発リンクの本数は?
アフィリ飯はサテライトサイトからの発リンクは1本ですが、よくばって同じサテライトサイトから2本、3本とリンクを増やして貼っているアフィリエイターさんもいらっしゃいます。

SEOには正解がなくペンギンのリスクが上がっているという事を認識してやっているならOKだと思いますが、アフィリ飯は1サイトから1本、他ユーザーのサイトへのダミーリンクが1本と決めています。

 

しかし、サテライトサイト作成には手間がかかり時間が非常にかかってしまうのが難点です。

 

サイトの規模は?
昔は、なるべくアフィリサイト作成に時間を費やしたいために、サテライトサイトは超簡易なペラサイト(500~600文字程度のコンテンツ)が圧倒的だったのですが、現在は最低でも10ページ、多い場合は30ページ規模の真面目なコンテンツサイトを作っています。(平均すると15ページ程度)

 

また、サテライトサイトの規模(ページ数)も分散しています。

 

サテライトサイトが5つあるとすると

1 10ページ
2 8ページ
3 15ページ
4 20ページ
5 25ページ

このようにすると、まあ自然に見えるかなという程度の意味合いでやっていてそれほど深く考えてやっているわけではありません。

まあ、「そんなの意味無いよ」とおっしゃる方もいるのですが、5サイトとも10ページできちっと揃っているってなんか気持ち悪いんです・・・。

 

また、しっかりとした内容のコンテンツサイトほど、グーグルのペンギン&パンダ・アルゴリズムをすり抜けやすいと考えています。

しかし、1サイトに15ページ、または30ページも作りこむとサテライト作成に膨大な時間が掛かってしまいます。

 

コンテンツの内容

また、サテライトサイトの記事の内容についてですが、関連した内容がよいのか、関連しなくてもよいのか・・・さまざまなアフィリエイターの意見がありますが、アフィリ飯としてもまだ結論が出ていません。

 

というのも、関連してもしなくてもリンクを供給してやるとあがる場合がまだまだあるからです。(笑)

(100%上がるという意味ではないです)

 

例えば、アフィリサイトがコスメの場合

サテライトサイトは、美容のコンテンツであったり、栄養に関する記事ならOKです。

また、テニスの錦織圭選手の応援サイトのようなあまり関連性のないコンテンツからリンクを供給するのはやめています。

そこで、アフィリ飯の場合は以下のようにして

サテライトサイトを作っております。

 

4タイプあります。

 

① すべて自分で書いて作る

② 自動記事ツールPSW2というツールを作って記事を作成

③ 部分的に自分が作って残りは外注さんの記事を入れて作る

④ サテライトサイト作成してくれる会社にまるごと発注して買う。

 

 

アフィリ飯もはじめはすべて自分の力だけで作っていました。

費用は掛からないものの、時間が掛かりすぎるというのが大きな弱点です。

 

そこで、記事を埋めるためにPSW2というツールを使い出しました。

もちろん、自分で書くよりも記事の精度は落ちますが、ペナルティを食らうほどではありません。

また、ライターさんに外注さんに記事を書いてもらうようにもなりました。

最後に、サテライト作成会社に依頼して、まるごと買うということもやるようになりました。

 

ただ、買ってみるとわかりますが、内容・仕上がりは自分でやるよりも多少落ちますね。

費用は割高、記事の内容もいまいち・・・

 

どうしても、サテライトサイト数が足りない場合のみ買ってます。

サテライトサイト作成会社の依頼頻度は全サテライトサイトの1割前後ですね。

 

現在、アフィリ飯がメインでやっているのは

10ページのサテライトサイトを作る場合

TOPページは自分の力のみで作成する(2000~3000文字くらい)

5ページ分の記事は外注さんに発注する。(1ページ1500文字くらい)

残りの4ページはPSW2で作成する。

こんな感じです。

すると、いい感じのコンテンツサイトがなかなかのスピードでサクサク作成できます。

 

サテライトサイト作成のスピードを6倍アップさせた方法についてはこちら

 

 

具体的なアフィリ飯のSEO方法を知りたい方は

PSW2の特典につけています。

新規でアップしたサイトのSEOを実況中継でご紹介!

2017年10月分アップしました。

 

それでは、

2017年8月新規でアップしたサイトのSEOを実況中継で紹介しています。

これから約半年間で1枚目に上げていって初報酬を上げるまでの過程(プロセス)を時系列で実況中継、ライブ中継にてご紹介していきます。

ここでの上位表示とはグーグルで1枚目(10位以内)を意味します。

 

作業環境
サイト作成ツール
シリウス(上位版)

 

キーワードの難易度予想
一般名詞で1~3位に入ると5~10万円程度稼げるキーワードだと思っている

アフィリエイト報酬 1件 5,000円
承認率 約65~75% 月によって変動あり

 

初期導入ページと更新頻度
初期にページ数 10ページでアップ

これから、一週間~10日ごとに1ページづつ追加してアップしていく予定。

1ページのコンテンツの文字数は、1000~2000文字程度

(最終的には30ページ規模のサイトに仕上げる予定で、それに達すると後はメンテナンス程度で更新)

 

 

2017年7月上旬~中旬
ライバル(上位表示)サイトの内容の徹底調査、競合度合いのチェック。
自分のSEO力で上がるかどうかの検討。

これに時間を費やすことは非常に重要

 

 

2017年7月20日

新規ドメイン取得:(新規のローマ字ドメイン)
○○○ .com

 

【2017年7月22日】
グーグルのサーチコンソールに登録して、10ページすべてをfetch as googleでインデックスさせてキャッシュさせる。

 

 

【2017年8月4日】

第一希望キーワードでグーグルのファーストクロールで70位で初登場。
第二希望キーワードでグーグルのファーストクロールで23位に初登場。

 

アフィリ飯は、上位表示できるまで約6~7ヶ月間くらいかかると予想。
つまり、2018年1月~2月頃には上げれると感じている。

 

 

ここでのポイント!
キャッシュ後のはじめてついた順位は非常に重要な意味がある。
ファーストクロールでついた順位が100位以下の場合は、SEO的に上位表示に時間がかかると今までの経験から感じる。

競合サイトによるところが大きいが、一般的に上位表示まで6カ月以上かかる場合が多い

 

逆に、キャッシュ後のファーストクロールで50位以内で初登場した場合は有望で、早期の上位表示が可能だと思います。

 

今までの経験上3~6カ月の期間で上位表示できる場合が多いですね。

 

【2017年8月10日】
1ページ(1,550文字)追加してアップロードしてトータルで11ページに。

 

【2017年8月20日】
1ページ(1,000文字)追加してアップロードしてトータルで12ページに。

 

メインキーワードの順位は66位。 まあ変わらずと言ったところ。

サブワードの順位が23位→30位とあまり変わらない・・・。

あと10日後に1本目のリンクを当てる予定だが・・・。

 

 

【2017年8月30日】
サテライトサイト用の中古ドメインを1200円で取得。

格安中古ドメインの取得方法

 

【2017年8月下旬】
サテライトサイト(バックリンク)サイト(10ページ規模)の作成開始。

 

2017/9/1

コンテンツを5ページ追加してトータルで17ページのサイトに。

 

2017年9月13日

サテライトサイトからリンクを1本供給!

 

2017年9月15日

検索順位の推移です。

2017/8/4 初登場で70位
2017/8/25 50位
2017/8/31 40位
2017/9/15 24位

 

もう少々手ごずると思っていたが、リンク1本で24位まで来た。
結構順調に来ていると感じる。

 

2017年10月9日 

 

2017/8/4 初登場で70位
2017/8/25 50位
2017/8/31 40位
2017/9/15 24位
2017/10/9 13位

 

今月の後半くらいにリンクを1本追加予定。
上昇ペースはなかなか好調なので1枚目はもうすぐクリアできると思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援してくれると更新の励みになります!


アフィリエイトランキング

格安&激安の中古ドメインを使って経費を浮かす

アフィリ飯のSEOは至って超シンプルです。

基本的には、サテライトサイトを作ってターゲットサイトへリンクを飛ばすわけです。

そのサテライトサイトに使うドメインは中古ドメインを利用しています。

 

2016年までアフィリエイターに有名な中古ドメイン屋さんというサイトで購入していたのですが、正直いって超高いんですね。

値段が悩みのタネでした。効果は認めるもののとにかく高くて費用対効果としてはイマイチ。

 

 

中古ドメインの特徴
また、中古ドメインは当たりはずれが多いのも特徴で、1個1万円クラスのドメインはもう当たり前

5万円以上する超割高中古ドメインというのもザラでした。

超金持ちの超ウルトラアフィリエイターさんは、1個5~10万円もする超高価な中古ドメインをお財布の中身を気にすることなくバンバン買っていきます。

ここらへんでもアフィリエイターの経済格差がもろにでてしまうポイントなんですね。

実際アフィリ飯も精神的に苦しいながらも仕方がなく1個1~3万円くらいの中古ドメインを買っていた時期がありました。

実際に使ってみて「おお!」と効果を感じた超優秀な中古ドメインもありましたし、ほとんど効果のないどはずれな失敗ドメインもかなりありました。

でも、これって購入して実際に使ってみないと前もってはわからないんですね

ここが中古ドメイン取得の難しいポイントです。

 

特に3万円以上の超高価なドメインを買ってSEO的に何の効果もなかった時ほど空しいものはなく、お金をそのままドブに捨てた気持ちになります。

 

 

これでは、収益<ドメイン代になってしまう・・・。

そこで、なんとかもう少し安い値段で中古ドメインを買えないもんかと考えました。

 

自分で中古ドメインを見つける研究を始めて、その結果そこそこ使える中古ドメインを見つける方法を発見しました。

 

実際に、アフィリ飯はこれらの中古ドメインを使ってサテライトサイトを作ってグーグルの1枚目(1位~10位)まで上げて収益化できています。

 

 

よって、今では中古ドメインをたったの1000円前後の激安価格で購入することができて、毎月の中古ドメイン購入による経費を大幅に圧縮することができました。(jpドメインは3000円前後)

 

その結果、

収益>中古ドメイン代に変わりました。

 

これは滅茶苦茶大きい事です。

 

格安の中古ドメイン情報

もし仮に、1000円で購入した中古ドメインを使ってSEO効果がなかったとしても、金銭的な損失プレッシャー・精神的なダメージはほとんどなく限定的です。

2~3日もすれば忘れてます。

既存のコンテンツを次の中古ドメインに乗せ換えたら良いだけだと考えているからです。

そこで、まだ中古ドメインに資金を投入できない初心者アフィリエイターさん向け、月の売上げが30~50万円くらいの中級レベルのアフィリエイターさん

 

 

向けに

 

アフィリ飯が中古ドメインを探してそのデータ保留中である
中古ドメインの情報データを激安~格安価格で販売したいと思います。

 

ルートドメインオーソリティ

中古ドメインのスペック(性能)に関してですが

 

MOZを使用してドメインオーソリティとページオーソリティ、ペナルティ、被リンクの数にてドメインの性能を判断しています。

もちろん、これら数値が高い方がドメインパワーが強い傾向があります。

(スパムフラッグの数値は低い方が良い。)

 

激安中古ドメイン情報 1個1000円(税込)

ドメインのオーソリティが10~14
ページオーソリティが10以上
ルートドメイン 2以上

 

比較的簡単なキーワードレベルで狙いたい場合はこれ!

 

 

 

格安中古ドメイン情報 1個2000円(税込)

 

ドメインオーソリティが15~19
ページオーソリティが10以上

 

 

優良中古ドメイン情報 1個 3000円 (税込)

ドメインオーソリティ 20以上
ページオーソリティ 10以上

 

 

ちょっと難しいレベルのミドルワード以上で上げたい場合はこれです。

 

 

被リンクがノーフォローのドメインは目視して確認して除外しております。
ブラックドメインもツールにてチェックして除外。

 

 

今まで中古ドメインは高くて積極的に買えなかったというアフィリエイターさんにぜひ利用してもらいたいと思っています。

 

ドメインがキャッシュしなかった場合は、同級のドメイン情報を再度提供します。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援してくれると更新の励みになります!


アフィリエイトランキング